工場の建設

広い敷地に、峰泰社員の総力を結集して、オートメーション工場を設立する。

建設当初、峰泰はドイツ製機器と高度に連携させるため、外国の専門家を招いてフロア建設を指導してもらった。工場の設計図は鄭州大学の設計研究所が作成した。3ヶ月の努力の結果、工場の基本的な建設、設備の設置、原材料の手配を終え、競合他社の中で最高の品質を得ることができました。

設備購入の初期段階で、峰泰社の総経理はドイツ企業を調査し、その会社の資格、技術、生産能力、会社の評判を重点的に検査しました。外国設備の設置の際、特殊設備(工業用マイクロ波、天然ガス焼却炉、スクリュー押出機)は製造者の指示に厳格に従った。ドイツ企業は技術者グループを派遣し、装置のすべてのスクリューが正しい位置にあることを確認しながら、設置を指導しました。メラミンフォームメーカー|峰泰

上篇文章:情報なし

下篇文章: 鄭州市環境保護局(EPA)の職員が峰泰社の作業工程を視察しました。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

お困りですか? チャットで相談する