防音フォームは本当に効果があるのでしょうか?

はじめに

The true question is, does ぼうおんせつび foam work? The answer is yes, it does work. It depends on what type of soundproofing foam you’re looking for. There are many different types of materials that you can use to try to block or absorb sound and they all have their own pros and cons. For example, some materials will block out more noise than others while others will absorb more noise than other materials but don’t necessarily block it out completely like some other options do. There are also different ways that you can use these materials as well so feel free to experiment with whatever fits your needs best!

なぜメラミンフォームが音を吸収するのか?

メラミンフォームは、それが音を遮断または吸収することを意味し、音響絶縁体である。これは、周囲からの振動を吸収し、それを室内に反射させることによって行います。このため、レコーディングスタジオやライブ会場では、発泡体が使用されています。部屋と部屋の間の音の伝達を減らし、関係者全員がより快適に過ごせるようにします。このように、発泡スチロールを設置することで、壁や窓から入ってくる騒音を軽減することができるのです。

防音フォーム
騒音低減に最適な防音発泡断熱材

壁や窓から伝わる音を低減する方法はいくつもあります。

まず、最も一般的な方法として、外壁と室内空間の間に断熱材を追加する遮音壁を設置する方法があります。遮音壁は、ガラス繊維のような硬い材料、またはゴムや発泡体のような柔軟な材料のどちらかで作られています。彼らは、ファスナーや接着剤で既存の壁に直接取り付けることができます、または彼らはブラケットで既存の壁の上にフレーム構造から吊るすことができる。サウンドバリアは、音波がそれに衝突したときに発生する振動エネルギーの一部を吸収することによって機能し、したがって、それらがあなたの部屋のリスニングエリア(または知覚内部ソース)に到達する前にその強度を減少させる。

もう一つの選択肢は、グラスウール断熱材を2枚の乾式壁の間に挟む(業界の標準的な方法)ような追加材料を使う代わりに、吸音材としてアコースティックフォームを使うことである。アコースティック・フォームは、その重量の半分以上を水に吸収させますが、それは一時的なものです。高温(100°F以上)で十分に長い期間空気にさらされた後、そのすべての液体が再び蒸発すると、水分はもう後ろに残っていませんので、それが音響発泡体が誤って長期間にわたってインストールされている場合は十分に動作しない理由です - 特に、湿度レベルが年間を通じて異なる季節を通して頻繁に変化する場合は、; あなたは窓/ドアなどの周りのシールの亀裂、ファイバーグラス バット/剛体ボードフォームパネルなどの追加の断熱材など他の技術も必要になるでしょう; 覚えておいてください。それは音が簡単に通過するこれらの壁に沿って部屋に開いているドアであるかどうか - 壁の間にあるより多くの材料は、通常の使用時間対人々が家にいない時に頻繁に閉じているドア、窓は毎朝大きく開いて新鮮な空気を家全体に循環させながら、誰もが早起きせずに平和に内部で眠っている隣人が夜明けまでハードパーティー昨夜遅くまで滞在を決定したので、日の出前に今日明るくなった!それは、あなたがあなたのためにそれを行うことができます。

オープンセルとクローズドセル発泡体の比較

オープンセルとクローズドセルの最も重要な違いの一つは、オープンセルフォームが音を吸収し、クローズドセルフォームが音を分離することである。つまり、部屋に入ってくる騒音を減らそうとするならば、クローズドセルフォームの層を使った方がずっと良いということです。しかし、より静かなものを作ろうとするならば、オープンセル・アコースティック・フォームが最適です。

各タイプの価格は、カバーする必要のある面積や、プロジェクトが壁や天井をカバーする必要があるかどうかによって異なりますが、一般的に、オープンセル音響材はクローズドセル音響材よりも平方フィートあたりの材料(したがって労働力)が少ないため、より安価になります。 もちろん、コストにこだわらないのであれば、より効率的な選択肢である独立気泡の吸音材を選ぶとよいでしょう。

This is about Sound Barrier and Sound Absorbing Materials.

Soundproofing is a process where you can block out sounds to create a more peaceful environment. Soundproofing is commonly done in machine rooms, recording studios, and sound studios. Soundabsorbing materials are used to absorb all the unwanted noise in your home or office. The goal of all these products is to create a quiet place where you can enjoy peace without having any outside noise interfere with it.

防音フォームは、外界との間に障壁を作り、家やオフィス空間を静かにしたいときに、この障壁から音が入らないようにする働きをします。 このバリアには、部屋全体を囲む防音壁(すべての音を遮断する)、壁に断熱材を貼って通常の壁よりも厚くする(外の音を通しにくくする)などがある。

メラミン遮音フォーム

吸音性 は、すでにあるものから過剰なエネルギーを取り除くことで機能します。つまり、コンクリートの床などの表面に対してすでに低音がたくさんある場合、他のすべてが先に吸収された後に残っている振動がそれほどないため、吸収率を増やすとそれらのレベルが下がります!



</a 吸収は必ずしも音量を下げるわけではありません。ただ、どの種類の周波数が増幅されるかを変えるだけで、全体としてより質の高いオーディオリスニング体験を実現することができるのです

防音と吸音の違いを理解する

防音フォームを検討する場合、"防音 "と "吸音 "の違いがあるんだ。防音フォームは、壁の片側から反対側へ伝わる音の量を減らすことです。吸音は残響を減らすもので、音をある空間(書斎など)にとどめることはできますが、外部からの不要な騒音を減らすとは限りません。

メラミン遮音フォーム

防音フォームは、壁や床を伝わる音を軽減するのに役立ちますが、それほど大きな効果はありません。防音材は、交通渋滞や隣人のテレビの音など、自宅やオフィスに入ってくる特定の音を遮断したい場合に使用するのがベストです。しかし、外の音から解放された静かな空間を作りたいが、周りの音は聞こえるという場合には、アコースティックパネルは、音波を反射させずに吸収するため、乾式壁やインシュレーションボードなどの従来の防音オプションよりも効果的である。

STCとSTCレーティングを理解する

防音性能の評価として最も一般的に用いられているのは、STC(Sound Transmission Class:音響透過率)評価です。これは、壁、床、天井の厚さを考慮した非常に簡単な計算で、ASTM D4935委員会によって標準化されています。ASTM D4935委員会は、フレーム材や断熱材などの建築部材と同様に、屋根裏部屋の音響試験方法を標準化するためにANSI/ASA S12.6-2008を作成しました。

この場合、125Hzから4kHzの周波数において、1mmあたりのデシベル数で測定されます。STCと表記されることもありますし、資料やネット検索で略語を探すと単に「S」と表示されることもあります。STC値50は、125ヘルツから4キロヘルツまでの振動によって伝わる音の半分が伝わることを意味し、STC値80は、これらの音の80%が設置された壁の中の誰にも感知されずに通り抜けることを意味します。

メラミン遮音フォーム
メラミンフォームとミネラルウールの比較

どちらも防音には良いのですが、 メラミンフォームの方が吸音には優れています。

メラミンフォームは音波を吸収して遮断することで知られているが、熱を遮断することにも優れている。そのため、高温になる住宅やオフィスなどでは、メラミンフォームがよく使われている。メラミンフォームは壁だけでなく、天井にも使用できます ミネラルウールと同様に、音を遮断し、室内を理想的な温度に保つ効果があります。

ミネラルウールは、岩石鉱物を溶かして繊維にし、毛布のように織り上げたものです(その後、正方形にカットされます)。この材料は19世紀後半から存在していましたが、第二次世界大戦でこの材料を使って防弾チョッキを作り始めるまで、商業的な使用はありませんでした。しかし、峰泰 Melacousticのような良質のブランドを購入すれば、ミネラルウール・ブロックの音も実によく聞こえることがわかります。

音響パネル
結論

騒音を抑えるには、防音材と吸音材を併用するのが一番です。峰泰で販売している高品質な製品( メラミンフォームにビニールバリアをラミネートしたもの)は、この目的に特化して作られており、ご家庭やオフィスから不要な音を排除するのに役立ちます。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

お困りですか? チャットで相談する