メラミンフォームインシュレーション

メラミンアコースティックフォーム断熱材は、さまざまな場面で騒音レベルを下げるために使用される発泡体の一種である。このタイプの音響フォームは、音響特性で知られる合成材料であるメラミンから作られています。メラミンアコースティックインシュレーションフォームは、住宅と商業施設の両方で使用することができ、騒音レベルを下げるのに役立ちます。このタイプのフォームは様々な厚みと密度で提供されており、どのような空間のニーズにも対応することができる。

なぜ、遮音材料が重要なのか?

吸音材は、特定の環境における騒音レベルを下げるのに役立つため、重要なものです。音波を吸収することによって、これらの材料は、多くの状況で有益である静かな環境を作り出すのに役立ちます。例えば、音響材料はオフィスビルで使用され、全体的な騒音レベルを下げ、より快適な職場環境を作るのに役立っています。また、これらの材料は、より平和でリラックスした雰囲気を作成するために家庭で使用することができます。

メラミンアコースティックフォーム

メラミンフォームが他の吸音材より優れている理由

メラミンフォームとは、メラミン樹脂を原料とした音響用フォームの一種である。フォーム自体はオープンセルフォームである。この材料は優れた音響絶縁性を持つことで知られており、防音用途に最適である。また、メラミンフォームアコースティックフォームは難燃性で融点が高く、高温環境下での使用に適している。

メラミンフォームは強力な騒音防止材料です

強力な遮音パネルです。吸音のプロセスは、音のエネルギーを熱に変換することなので、空間内の周波数固有の音を吸収することができます。このフォームは、リスニングルームやレコーディングスタジオなど、クリアな音を聞くために全体のノイズレベルを下げる必要がある環境に最適な製品です。

メラミンアコースティックフォームパネルは、さまざまな用途に合わせて設計されたさまざまな形とサイズがあります。例えば、ドアや窓枠の周りに簡単に取り付けられる断熱パネルをお探しなら、当社のMFO-1300M製品ラインをチェックしてみてください。このシリーズは、住宅用と商業用の両方の用途に最適なプレカットピースを備えています。

メラミンフォーム

騒音係数低減率は、特に高周波の音波の0.95に達します。この吸収特性により、優れた防音用発泡シートとなっています。

メラミンフォームが騒音や残響を低減する

メラミンフォーム断熱材は、音波を熱に変換して吸収する優れた吸音材料ですこれは、音波のエネルギーを熱エネルギーに変換し、空気中に発散させることで起こります。この振動を吸収することで、音の反響や残響を低減することができます。

このノイズの減少を達成するために、それは表面から反射して戻っている音のすべての周波数を吸収することができるように十分な厚さである必要があります。あなたが迷惑な隣人の大音量の音楽やカーステレオのシステムを減らすために安価な方法を探しているなら、それらの刺激的な音の一部を遮断するためにいくつかの高密度発泡パネルと同様に装飾的な壁掛けの組み合わせを使用することを検討してください!それは、あなたがあなたのためにそれを行うことができます。

メラミン化粧板は、軽量で耐久性に優れています。

メラミンフォームパネルは、軽量でありながら耐久性に優れています。メラミンアコースティックフォームは、音を熱エネルギーに変換し、その熱を周囲の空間に放出することで音を吸収します。材料が軽ければ軽いほど、このプロセスが起こりやすくなります。つまり、メラミンフォーム断熱材は競合他社よりもより多くの音を吸収するのです これが、多くのデザイナーがバッフルや音響天井にこれを選択する理由です。

メラミンフォーム断熱材

メラミンフォームの施工性は高い

カットして取り付けるのも簡単です。つまり、独自のカスタム形状を作ったり、既存の表面を覆うために材料を使用することができます。軽量で扱いやすいので、2つの場所の間で材料を持ち運ぶ必要がある場合や、従来の木材や他の建材を置く場所がない狭い場所で作業する場合に最適な選択です。また、特別な道具を必要としないので、のこぎりやカッターナイフなどの基本的なハンドツール(すでにお持ちかもしれません)と粘着スプレー接着剤さえあれば、簡単に施工できます。発泡体は、壁、天井、床、家具など、ほとんどすべての面に設置することができます。通常のブロートーチで加熱すると、あらゆる方向に膨張するので、どの方向にも設置できます。

メラミンフォームは無毒で、触れても安全です。

メラミンフォームは無毒で、触れても安全な素材です。人間や動物、そして環境に害を及ぼす可能性のある有害な化学物質は一切含まれていません。EPA(環境保護庁)とCPSC(消費者製品安全委員会)の両方から安全だと認められています。つまり、ご家庭やオフィスに設置しても、何のリスクもないのです。自分自身や周りの人に危害を加える心配が一切ないので、安心してこの材料を使用することができます。

ポリエステルファイバーとメラミンフォーム。より良い選択肢はどちらか?

一般的な吸音材料には、グラスファイバー、ミネラルウール、ポリエステルファイバーなどがあります。グラスファイバーは吸音材としては良い選択肢ですが、高価であり、専門家が設置する必要があります。ポリエステルファイバーは、他のオプションよりも安価で、ハサミやカッターナイフで簡単に切断できるため、DIYプロジェクトに理想的な選択です。また、メラミンフォームやウールの断熱材と比較して、約25%以上騒音を吸収することができます。

ただし、メラミンフォームとは異なり、遮熱・耐火性能はないため、キッチンやバスルームなど高温が常時想定される場所での使用は避けてください。

他のどの材料よりも、最大35%以上騒音を吸収することができます。それは容易な切断のサイズ速く及び有効なセービングの時間及びお金を取付けます! それはさまざまな条件の下で長期にテストされました高いデシベルのレベル(100 dB の方に上向きに)を作り出す多くの源がある家/建物の中で見つけられるものを含んでいます。

メラミンフォームが不燃性である理由は何ですか?メラミン樹脂でできているからです。

難燃性材料であるメラミンから製造されている。メラミン樹脂の発泡体に火をつけると、窒素ガスが発生する。そのため、不燃性であり、音響用フォームの材料として理想的である。メラミン樹脂は一般的に使用されている難燃材料です。パネルも防火等級Aクラスです。

結論

音に敏感な圧力下にあり、部屋の中で熱と音響の絶縁をお探しの場合は、品質と安価な発泡体製品のために峰泰メラミンフォームメーカーにお気軽にお問い合わせください。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

お困りですか? チャットで相談する