音響材料の応用に関する研究進捗状況

カスタムメラミン発泡体

Noise pollution, one of the three major public hazards in the contemporary world, has become the common enemy of mankind. Therefore, sound absorption and noise reduction has become an important issue related to high technology, environmental governance and human development that needs to be solved urgently. As a passive control method The 音響材料 used has also become one of the main methods to solve the problem of sound absorption and noise reduction, and the structure, acoustic properties and application of acoustic materials are complex issues involving multiple disciplines. Therefore, this paper attempts to summarize the achievements in the application research of new acoustic materials in the past ten years, find out the deficiencies, point out the direction of future research efforts and put forward relevant suggestions for reference by the industry.

音響材料

No.1 音響材料の種類と吸音原理

音響材料とは、騒音(1kHz未満)の低減、音環境の改善、音エネルギーの熱エネルギーへの変換に使用できる吸音音響材料のことを指す。工業企業、都市交通機関、公共建築物、メディア通信産業などで広く使用されている。工学的な用途では、音響材料は通常、多孔質音響材料、共鳴音響材料、特殊構造音響材料などの種類に分けられます。材料によって吸音特性は異なり、例えば次のようなものがある。

(1) 共鳴吸音材(共振吸音構造) 単体レゾネータ、コンプライアント材料、多孔質吸音材、マイクロ多孔質板吸音材に分けられる。多孔質材料は低周波吸音性能が低いため、低周波吸音の問題を解決するために、共鳴吸音構造がよく使われる。共鳴吸音材料構造のうち、微細穴あき板構造だけが広帯域吸音の傾向を持ち、共鳴吸音周波数帯域が狭いという欠点を若干補うことができる。

(2) 多孔質吸音材。多孔質吸音材は、多数の気孔と連続気泡を持ち、気孔が相互に連通しており、気孔が材料の奥深くにあるため、高い吸音特性を持つ。多孔質材料からなる吸音構造により、通常、低周波よりも高周波の吸音性能が高く、有効吸音周波数帯域が拡大する。

(3) 特殊構造吸音材:吸音ウェッジは、無響室内で使用される特殊な吸音構造材です。吸音ウェッジを使用することで、多孔質材料を使用する場合と比較して大幅に材料を小型化することができます。多機能ホール、録音スタジオ、スタジオ、コンサートホールなど、多機能を必要とする一部のホールのために。異なる残響時間に適応し、吸音量を調整するために、室内の吸音条件を調整できることが求められ、調整式吸音構造の使用が必要となる。空間吸音 室内空間に吊り下げる吸音目的の専用吸音構造体であり、吸音体とは、吸音を目的とした吸音構造体である。

音響材料の応用に関する研究進捗状況

この10年間、多くの科学技術者の絶え間ない努力により、低周波音響材料の研究と応用は大きな発展を遂げました。この10年間で、低周波音響材料の研究と応用は大きな進展を遂げ、ますます注目を集めている。

In the review of the properties of メラミンフォーム, it is introduced that melamine foam is a new type of foam with a three-dimensional grid structure with high open cell rate, and has excellent low-frequency sound absorption, flame retardancy, thermal insulation properties, heat and humidity resistance stability, hygienic safety and good secondary processing performance. These characteristics make the product have a wide range of applications (such as building materials, transportation, aviation, electronic information, household appliances), and also has a broad market prospect. Melamine foam has good sound absorption performance, especially the sound absorption coefficient of medium and high frequency (≥1kHz) is significantly higher than that of glass wool, slag wool and polyurethane foam, while the low frequency sound absorption coefficient is higher than that of fiber sound absorbing materials such as glass wool and slag wool. Slightly lower, not much different from the low-frequency sound absorption coefficient of polyurethane foam. Density has little effect on the sound absorption coefficient of melamine foam; increasing the thickness of the material can improve the sound absorption coefficient of the material at low frequency (<1kHz).

Due to the material characteristics of melamine foam, such as sound absorption, low density, high weight, soft texture, elasticity, heat insulation, water resistance and heat resistance, large temperature range and good interior decoration effect, it is suitable for indoor sound quality and sound environment in buildings. It has a wide range of applications in the improvement of mechanical equipment, especially in the noise reduction of transportation vehicles.

PVC/PNBRゴム・プラスチック合金の制振性能は中低周波騒音の吸音性能に強い影響を与え、特に騒音周波数が250, 1000, 2000Hzの場合、制振性能と材料の中低周波騒音に対する吸音性能は?明らかな依存関係があり、材料の減衰性能を変えることで中低周波騒音に対する吸音性能を向上させるという目的を達成することが期待される。

メラミンフォームの改質では、メラミンのアミノ活性が比較的高いため、アミノ基上の2つのH原子は親電子置換反応を起こしやすいので、線状構造改質剤を用いてメラミンのアミノ基上のHを部分的に置換することが可能である。これは、メラミン樹脂の改質に関する新しいアイデアも提唱している。

開発動向と提言

メラミンフォームは、本来の高性能難燃吸音フォームとして、他の添加物系難燃フォームにはない多くの特性を持っています。また、価格的な優位性から、様々な分野での応用が期待されている。世界各国はこの発泡材料の開発と研究を重視し、多くの人力、材料、資金を投入して、その調製過程と応用に関する詳細な研究を行い、製品開発を実施している。メラミンフォームの応用研究の発展動向は主に以下の通りである:

(1) 分解・再利用が容易なメラミンフォーム材料を使用する。

(2)総合特性に優れた新規複合強化ナノ材料を使用する。

(3) メラミンフォームの応用分野をさらに拡大する。

メラミンフォームは、難燃剤を添加する必要のない新しいタイプのフォームです。応用研究の面では、今後、注目されるかもしれません:

(1) 保管や使用に安定したメラミン樹脂の応用。

(2) 化学修飾されたメラミン樹脂を使用したもの。

(3) 総合特性の良いメラミン樹脂を使用し、条件を満たした吸音材製品を製造する。

さらに、大多数の科学技術者は、道路遮音壁用不織布音響材料、カーペット用バッキングラテックス、吸音ポリウレタンフォーム、発泡金属電極材料、多孔質音響材料など、他の新しい音響材料も研究しています。低周波音響材料の応用分野は、今後ますます広がっていくことでしょう。

エピローグ

要約すると、共鳴吸音構造の使用は材料の低周波吸音特性を向上させることができますが、分子構造と性能の密接な関係から、材料本体の分子修飾から材料の吸音特性を向上させることができれば、立体障害の大きい分子構造材料を使用して材料の内部摩擦を改善することにより、材料の低周波吸音性能は向上し、より薄い材料で低周波吸音の効果が達成でき、材料の実用化分野の拡大に資することができることが分かっています。より良い生活環境サービスの構築のために。

メラミンフォーム構造体

オフィスのロビーや食堂、教室、オープンオフィス、会議室などの建築空間は、会話や電話、OA機器などの音が連続的に重なり、様々な騒音が発生しやすく、気になる存在です。. 高騒音環境に長期間さらされると、集中力の低下、ストレスや疲労を引き起こし、作業効率や心身の健康に影響を与え、お客様の体験、快適さ、満足度を著しく低下させることがよくあります。

この現象に対し、峰泰は長年の音響技術研究と経験の蓄積に基づき、音響設計と芸術的絵画の融合を成功させ、住宅を美しくし、音響環境を改善し、音響システムの性能を向上させることに成功しました。芸術的な音響製品とソリューション

峰泰が開発したメラミンフォームには、大きな吸音・騒音低減機能があり、建物の室内音環境の品質と快適性を大幅に向上させることができます。ユニークな芸術的センスと装飾効果は、建物の内部空間を美しくします。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

お困りですか? チャットで相談する