一般的な断熱材は何ですか?

音響パネル

はじめに

断熱材としてよく使われる材料は以下の通り:
メラミンフォーム
フェノールフォーム
ポリウレタン(PUR)およびポリイソシアヌレートフォーム(PIR) (PIR)
ミネラルウール、グラスウール断熱材
発泡ポリスチレン(EPS)断熱材
押出しポリスチレン(XPS)断熱材
セルラーガラス断熱材
パーライト断熱材

断熱材には基本的にいくつかの種類があります。

断熱材には基本的にいくつかの種類があります。発泡ポリウレタン、エアロジェル、ビニールなどのように、(ある温度まで)熱に強い材料もあり、様々な用途に使用することができます。

断熱材

メラミンフォームは断熱材としてよく使われます。冷蔵庫や冷凍庫はもちろん、電子レンジや食器洗い機などの家電製品にも最適な特性を持っている。多孔質の板の両面にメラミン樹脂を塗布した材料で、火災や家電製品のエンジンルーム内の温度変化に対して高い耐性を発揮します。また、層間に空気を封入することで断熱効果を発揮し、運転中の熱損失を防ぐと同時に、機器内部の高温の面に直接触れることによる火傷から人を守ることができます。

3種類の熱伝導とは。

熱の移動には3つのタイプがある:
• 対流とは、液体や気体の中を流れる熱の流れです。
対流とは、液体や気体を通過する熱流束のこと。流体物質のバルク運動によって起こる熱伝達の一種で、加熱された物質が流動し、低温の物質と混ざり合うようになる。対流熱伝達は、液体、気体、固体の中で行われる。
• 伝導は、固体材料を介した熱流束である。
伝導は、固体材料を介した熱の移動である。つまり、対流熱流束を測定するものです。
興味深いことに、伝導は伝導性の熱流束を正確に評価することもできる。
• 輻射は、電磁波による熱流束です。
輻射は、電磁波を介した熱流束です。輻射は、あるエネルギー源から一定時間内に放射されるエネルギー量の尺度である。輻射は、太陽光発電のほか、原子力、石炭、石油など他のエネルギーの測定にも利用できる。

壁や天井、床を伝わってくる熱の量を減らすことができます。

断熱材料は、壁や天井、床を伝わってくる熱の量を減らしてくれます。材料から発生し、材料を通して伝わる熱の量を減らすことができます。

熱伝導率とは、木材や鉄などの物質を通して、どれだけ熱が伝わるかを示す指標です。この値が高いほど、夏の暑い日に部屋を涼しく保つ効果が高くなります。

断熱材

これにより、建物の効率が上がり、光熱費を削減することができます。

  • エネルギー消費量を削減する。
  • エネルギーコストを削減する。
  • 居住者の快適性を向上させる。
  • 火災やその他の危険のリスクを低減し、居住者の安全性を高める。
  • 建物の寿命を延ばし、時の経過とともにその価値と性能を高める。これは、改修工事の際に断熱材料を用いて改修された古い建物の効率向上と光熱費の削減にもつながる。

断熱材として一般的な材料は以下の通りです:

断熱材として使用できる材料には、さまざまなものがあります。これらは以下の通りです:

  • ポリウレタンフォームは、熱を加えると膨張し、冷やすと収縮する硬質発泡体である。現在使われている断熱材の中で最も一般的なもので、一般的には石油製品から作られますが、リサイクル材料から作られることもあります。
  • 火山性のガラス繊維から作られたロックウール断熱材。この繊維は小さなスポンジのような働きをし、水を吸収し、熱を加えると水蒸気として放出するため、夏場、就寝中に壁の隙間や窓枠から熱を逃がさず、家の中を涼しく保つのに役立つ。
  • ガラス繊維断熱材(または吹き付けセルロース)は、ダンボール箱や新聞紙などの古紙を粉砕し、結合剤と混ぜ合わせて大きな塊にして、施工時にバラバラにならないようにしたものです(施工前に洗浄する必要はありません)。これらの塊は、表面にペンキを吹き付けるのと同じような機械を使って「吹き付け」られ、適切に設置されれば、1インチあたり約R19の有効なR値を提供することができる。
  • メラミンフォームは、優れた音響特性を持っているため、防音材として適している。メラミンフォームは優れた音響特性を持っており、防音材として適している。また、リサイクルされた木材製品から作られており、環境に優しい選択肢である。
  • エアロジェルは、密度が低く、建物の断熱性やエネルギー効率の面で高性能であることが知られています(出典)。
  • ポリウレタンフォームは、どちらも優れた断熱性を持つという点でエアロジェルと非常によく似ているが(出典)、ポリウレタンフォームは他の多くの種類の断熱材よりも高温で加工されるため、エアロジェルよりも高価になる傾向にある(出典)。また、この種の断熱材は、高熱条件下でも溶けないため、肉や魚などの食品包装にも使用されている
断熱材
新築住宅の屋根に断熱材を充填するビルダー

結論

壁や屋根の構造や、一日にどれくらいの熱が伝わるかによって、断熱材に選ぶ材料の種類は変わってきます。断熱材にはさまざまな製品があるので、選ぶ前にある程度調べておく必要があります。どの材料が最適か分からない場合は、メーカーから無料のサンプルを入手することもできます。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

お困りですか? チャットで相談する