峰泰社の新しいホワイトアコースティックフォームウェッジパネルがホームスタジオに最適な防音材である理由

カスタムメラミン発泡体

1.峰泰白色吸音材ウェッジの紹介

峰泰社(メラミンフォームメーカー)のホワイトアコースティックフォームウェッジは、部屋の残響時間を短縮するために設計されています。メラミンフォームでできており、滑らかな白い仕上げになっています。フォームウェッジは床や棚の上に置かれ、硬い表面から跳ね返る音波を吸収します。これにより、部屋の反響を抑え、スピーチなどの音を聞き取りやすくします。峰泰社のホワイトアコースティックフォームウェッジは、空間のデザインを大きく変えることなく、部屋の音質を向上させる効果的な方法です。

音響用ウェッジパネル

2. フォームウェッジを使った部屋の防音について説明する。

アコースティックフォームウェッジは、騒音を制御し、第一反射を除去する目的で、部屋の音波を調整するために使用することができます。発泡スチロールは、音波を吸収することによって騒音を制御する部屋の戦略的な位置に配置されます。これにより、部屋はよりシームレスな音になり、より快適に聴くことができるようになります。また、アコースティックウェッジパネルは、反射面の前に置くことで、反響を抑制するのにも使用できます。これは、部屋の反響の量を減らし、より快適に聴くことができるようにするのに役立ちます。

アコースティックフォームウェッジを使用してノイズをコントロールし、音波を調整することで、ファーストリフレクションを排除し、より楽しいリスニング体験を実現することができます。

3. 防音にアコースティックフォームウェッジを使用するメリットを説明する。

火災の安全性は、企業や住宅所有者にとって常に最大の関心事です。当社のアコースティックフォームは、難燃性、不燃性、そして煙の発生を抑えるよう特別に処方されています。このため、火災の安全が優先される場所での使用に理想的な選択です。さらに、アコースティックフォームウェッジはメラミンフォームで作られており、これもまた難燃性である。その結果、当社のアコースティックフォームは、延焼のリスクを低減し、より安全な環境作りに貢献することができます。

4. アコースティックフォームの掛け方は?

ほとんどの種類のアコースティックフォームは、スプレー式接着剤、コンタクトセメント、両面テープの3つの方法のいずれかで取り付けることができる。スプレー式接着剤は、迅速かつ簡単に使用できるため、最も一般的な方法です。発泡スチロールパネルの裏面と設置面の両方に接着剤を塗布し、パネルを押し込むだけです。コンタクトセメントも効果的な方法ですが、扱いが難しい場合があります。まず、パネルの裏面と設置面の両方にセメントを薄く塗布します。その後、セメントが粘着性になるのを待ってから、パネルを押し込んで固定します。両面テープも使用できますが、スプレー式接着剤や接触型セメントほど効果的ではありません。この方法でアコースティック・フォームを設置するには、テープの裏紙をはがし、フォーム・パネルを所定の位置に押し付けるだけです。どのような方法を選択するにしても、最良の結果を得るためには、必ず製造者の指示に従ってください。

音響用ウェッジパネル

5. アコースティック・フォームの切断方法

アコースティック・フォームをカットする際には、その作業に適したツールを使用することをお勧めします。電動カービングナイフは、正確でプロフェッショナルなカットを実現するのに最適なツールです。また、音響用ウェッジパネルをカットする際には、不完全な部分を避けることが重要なので、電動カービングナイフを使用すると、それを達成するのに役立ちます。ここに音響泡を切るのに電気切り分けるナイフを使用するためのある先端はある: -鋭い刃を使用しなさい -圧力をかけられた切口を避けなさい -表面が水平であることを確かめなさい -刃を過熱させないように注意しなさい これらの先端に従っていれば、音響泡を切るとききれいで、精密な切口を得ることができる。次回は、ボーカルブースの設置やスタジオのスポット処理に取り組む際は、電動彫刻刀に手を伸ばし、仕事を正しくこなせるようにしましょう。

6. NRCとは?( ノイズリダクション係数 )

一般にNRCと呼ばれる騒音低減係数は、ある材料がどれだけの音、つまり音響エネルギーを吸収できるかを示す指標であり、音響フォームが厚いほどNRCは高くなる。

NRC

アコースティックフォームパネルは、高いNRC(Noise Reduction Coefficient:騒音低減係数)を持っているため、防音材としてよく使われています。これは、多くの音を吸収できることを意味し、騒音レベルを下げたい部屋での使用に最適です。また、発泡パネルは音をそらす効果もあるため、反響を抑えるためにも使用することができます。アコースティック・フォームが厚いほどNRCは高くなるので、最大限の吸音性を求めるなら、厚いパネルを選ぶとよいでしょう。アコースティック・フォーム・パネルは設置が簡単で、どの部屋でも騒音レベルを下げるのに効果的な方法です。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

お困りですか? チャットで相談する