なぜ断熱材が重要なのか、どのような材料が推奨されるのか。

断熱材は、物体のある部分から別の部分への熱の流れを減少させる材料または材料システムである。それは、住宅や商業建築、産業プラント、および輸送を含む様々なアプリケーションで使用されています。断熱材料は通常、その効果を高める役割を果たす多くの異なる層で構成されています。例えば、屋根裏を断熱する場合、高いR値を得るために十分な厚みを加えることができない場合があります。そのため、屋根裏に断熱材を設置する場合は、暖まった空気が断熱材を通り抜け、生活空間に戻りやすくなるように設置することが推奨されます。

断熱材
新築住宅の屋根に断熱材を充填するビルダー

熱は上昇するとよく言われますが、これは私たちの家や建物にも当てはまります。

熱は上昇するとよく言われますが、これは私たちの家や建物にも当てはまります。熱は、建物の床、壁、屋根の空間を伝導と対流によって上昇します。断熱材は、建物の外壁から熱が逃げたり入ったりするのを防ぐために使用されます。

断熱材の熱抵抗は、R値と呼ばれる尺度で温度単位で測定され、熱の流れに対する抵抗力をm²K/W(メートル平方・ケルビン毎ワット)の単位で表します。例えば、1平方メートルの材料でR値が1 m²K/Wの場合、1ワットあたり摂氏1度の熱に耐えることができます。つまり、1ワットがこの材料を通過しても、摂氏1度(1C=1K)しか温度が上昇しません。

断熱材は、ある空間から別の空間への熱の移動に抵抗するために使用される材料である。

断熱材は、ある空間から別の空間へ熱を伝えにくくするために利用される材料です。断熱材は、建物から熱が逃げるのを防ぎ、また建物内に熱が入り込むのを防ぐために使用されます。

最も一般的な断熱材は、グラスファイバー、グラスファイバー・バット、ミネラルウール、ゴム引き屋根システム、高密度ポリウレタン・フォームなどです。これらの材料は、優れた断熱性能を発揮すると同時に費用対効果も高いため、商業用、住宅用ともによく使用されています。

材料のR値は、その厚み方向に熱を伝える能力を測定するものです。R値が高いほど、その材料の熱抵抗が大きいことを意味する。

材料のR値は、その厚み方向に熱を伝える能力を測定するものです。R値が高いほど、その材料の熱抵抗が大きいことを意味する。

The R-value is a measure of thermal resistance per unit of thickness or area, depending on how you want to look at it: Thermal Resistance (Thermal Resistance per Unit Area) = 1/Heat Flow Rate through Material (Watts/m^2)

熱抵抗(単位厚さあたりの熱抵抗)=1/(材料の温度上昇-空気の温度上昇)

断熱材を評価する一般的な方法は、総R値またはアセンブリ内のすべての層の合計として知られています。

断熱材を評価する一般的な方法は、総合R値またはアセンブリ内のすべての層の合計として知られています。例えば、外側に3/4インチの硬質フォーム、内側に4インチのグラスファイバーバットを使用した壁がある場合、全体のR値はR19となります。この数値が高いほど、冬の間、暖かい空気を保つのに優れています。Uファクターは、冬の間の保温性と夏の間の熱の漏れやすさを判断するもう一つの指標です。各層の厚さ(インチ)とそれぞれのR値を掛け合わせ、その数値を100で割ることで算出されます。

各材料の層は対応するR値を持ち、それらを足すと、与えられたアセンブリのR値の合計が得られる。

各材料の層は対応するR値を持ち、それらを足すと、与えられたアセンブリのR値の合計が得られる。この数値が高いほど断熱性が高く、熱伝導に強いということになる。

R値が高い断熱材は、厚みがありかさばるため、用途によっては高価で施工しにくいということも知っておく必要があります。

一般的に、R値は高いほど良いとされています。しかし、R値が高い断熱材は厚くかさばる傾向があり、用途によっては高価で施工が難しいことも知っておく必要があります。

また、熱抵抗(R値)の測定方法には、ASTM規格やフィールドテストなどいくつかの方法がありますが、どの方法も完璧ではなく、限界があることも覚えておいてください。特に R値は、風の抵抗や水の浸透を測定するものではありません。つまり、住んでいる場所や、家がよく経験する気象条件によって、異なる結果が出る可能性があるということです。例えば、冬に雪がたくさん降っても、その他の季節は時々雨が降る程度であれば、湿気は快適性に影響しないのであまり気になりません。

例えば、屋根裏を断熱する場合、高いR値を得るために十分な厚みを加えることができない場合があります。

屋根裏に断熱材を入れる場合、どのような材料が推奨されるかを知っておくことが重要です。最も重要なことは、屋根裏の断熱材が多すぎてはいけないということです。屋根裏を断熱するときに、人々が作る最も一般的な間違いは、十分なR値を持っていないことです。

どのような材料を使えばよいのでしょうか?断熱材には、グラスファイバー、メラミンフォーム ボード、セルロースなど、さまざまな形態があります。セルロースはR値が最も高いのですが、交換が必要になるまでに5年程度しか持ちません。フォームボードはセルロースよりR値が低いが、長持ちする(約20年)。ガラス繊維は、平均して8〜10年持続し、通常、今日購入可能な断熱材の他のタイプと比較して、その品質と長寿のための平均的な価格帯を持っています.

そのため、屋根裏に断熱材を設置する場合は、暖まった空気が断熱材を通り抜け、再び居住空間に戻るようにすることが推奨されます。

そのためには、暖かい空気は外に逃がし、冷たい空気は中に入れないように断熱材を設置することが推奨されます。これは主に、冷たい空気は暖かい空気より重く、機会があれば必ず低い位置に落ち着く性質があるためです。このため、屋根裏と居住空間を隔てる壁や天井がない場合(クローリングスペースのような)、その隙間から冷気が侵入し、毎月の光熱費が高くなる可能性が高いのです。

ビルや自動車、鉄道、工場などでは断熱性が重要視されている

建物、車、鉄道だけでなく、工場でも断熱は重要です。家でも車でも工場でも、断熱材をしっかり使うことが大切です。断熱材には、木質繊維、羊毛、ロックウール繊維、ガラス繊維、硫酸カルシウム(石膏)、酸化マグネシウム(マグネシア)、パーライトなどの鉱物充填材、エマルジョン技術で製造されたポリマーフォーム(ポリウレタンフォーム)、低密度ポリエチレンフォームやポリプロピレンフォーム、溶融温度を下げる添加物を用いて製造されたプラスチック(変性PVCなど)など様々な素材が使われています。

一般的な断熱材は、発泡スチロール、パネル、アルミ箔、ポリウレタンなどである。

発泡断熱材には、 オープンセルメラミンフォーム、クローズドセルフォーム、硬質フォームなど、さまざまな種類があります。オープンセルフォームは、他のタイプの断熱材よりもR値が低いが、クローズドセルのように内側に収縮するのではなく、濡れると外側に膨らむので設置が容易である(これは小さな領域では問題を引き起こす可能性がある)。アルミ箔は、あなたが迅速な修正をしたいときにDIYのプロジェクトのための最良の選択肢の1つになり、インチ当たり2のR値を持っています。このタイプの絶縁体は、特殊コーティングが施されており、腐食が懸念されるパイプやダクトなどの金属表面での使用に最適です。

メラミンフォームの用途

効果を損なわず、耐湿性のあるものを探しているのであれば、ポリウレタンも良い選択です。 再び湿気にさらされた後でも、素材の性能は持続するのです しかし、このタイプは、ほとんどのアプリケーションで噴霧器などの特殊な機器を必要とするため、余分な作業を意味します - だから、あなたの決定をするときに、これも念頭に置いてください

結論

断熱材の重要性は、いくら強調してもし過ぎることはありません。この目的のために使用できる材料は数多くありますが、どの材料が必要で、それらがあなたの家やビジネスにどのような利益をもたらすかを知ることが重要なのです。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

お困りですか? チャットで相談する